リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集
リノベーション、デザイナーズマンション

リノベーション「リボーンキューブ」ホーム > 賃貸・販売物件

賃貸マンション

販売物件 賃貸物件 リノベーション向き中古物件
リノベーション間取り例 & デザイン例

リノベーション済み賃貸物件 
京阪「出町柳駅」徒歩6分
「 couleur 」

京都市左京区 出町柳「couleur」(クルール)

入居中/募集の際はメンバー様優先でお知らせします。(→ メンバー登録

場所:左京区田中関田町 鴨東ロイヤルハイツ502号室(地図は下記)
交通:京阪鴨東線「出町柳駅」徒歩6分
建物:SRC造分譲マンション7階建5階部分
1LDK(57.77m2)×1戸
賃料12万円+管理費等1.9万円 合計13.9万円
2年契約 礼金なし・敷金15万円・更新料なし
平成21年6月リノベーション
間取り図

お問い合わせ:0120-45-7885  info@reborn.cc

コンセプト (リノベーション竣工 2009年6月)
今回は、久々の賃貸リノベーションでした。
賃貸物件のリリースをお待ち頂いていたお客様には、本当に長らくお待たせしてしまいました。

また、賃貸リノベーションと言うことで、物件選定からコンセプトやデザインの決定に至るまで、全てお任せの形でオーナー様よりご依頼頂きました。

そこで、まずはその予算の範囲の中( 物件価格+リノベの予算総額はある程度決めて頂いておりました )から、物件を中心部で選定するのか?少し離れた周辺部にするのか?など、様々な視点から物件を探しました。
そんな中、ひと際キラッと輝きを放っていたのが今回のマンションでした。

立地的には、京大キャンパスに程近いアカデミックな雰囲気が漂う街並みで、また近くに鴨川があるなど、町中とはまたひと味違った京都らしさのある立地でした。

また、建物的には、築後34年と古い歴史を経たマンションでしたが、ただ単に古いのではなく、建築当時より個性と高級感を持って建てられたのであろうことが十分に窺える、独特の上品な佇まいを持った建物でした。

例えば、各戸の入口に設けられた専用ポーチもその特徴のひとつでした。
アプローチから、アンティーク感のある鉄の門扉を開き、少しゆとりを持たせたポーチの奥に玄関ドアがあると言うスタイルです。
ほんの少しのゆとりではありますが、それがとても瀟洒な雰囲気を醸し出していました。

玄関ドアを開けて部屋に入ると、西向ではあるものの、明るく降り注ぐ陽光と、西山の緑を一望できる5階ならではの抜け感のある眺望がとても印象的でした。

そんな雰囲気から、下見でここを訪れた瞬間より、今回のリノベーションには、ヨーロピアンテイストのデザインが似合うのではないか?と頭の中でイメージしていました。

また、リボーン・キューブとしても、今までこのテイストをストレートに表現した作品がありませんでしたので、今回特に賃貸リノベーションと言うこともあり、より大胆に、リボーン・キューブらしい遊び心を盛り込んだ、オリジナリティ溢れるヨーロピアンアンティークテイスト風の空間に仕上げることをコンセプトに進めて行きました。

イメージ的には、ご覧頂いた方に“ カッコ良さ“ よりも ” おしゃれでカワイイ ” と感じて頂ける様な空間をつくることを意識してデザインしました。
ただ、実際に古材を使ったり、壁を珪藻土にしたり、高価なフローリングを使ったりするには予算的に叶わない状況でしたので、その代わりに、これから先の経年変化を楽める様な素材を使用しながら、リボーン・キューブらしさも随所に織り交ぜつつ、ヨーロピアンアンティーク風の空間を表現してみました。

また、今回の作品の特徴的な点としては、今までの作品に比べ、使われているマテリアルが多いと言うことではないでしょうか。
主なものとして、木(木部、フローリング)、タイル(テラコッタ、モザイク)、ガラス、アイアン、ファブリック(スツール、ランプシェード、カーテン)、カーペットなどです。

これらの多様なマテリアルを使い、敢えて意識的に“ 雑 ”で“ カフェっぽい ”イメージを表現してみました。( カフェが雑と言う意味ではありませんが、あまり整い過ぎていない、少し雑多感のあるヨーロピアンアンティーク風カフェの様な空間をイメージしてデザインしました。)

そして、全体の雰囲気を統一するために、いつもであればあまりチョイスしないであろう、アンティーク風にデザインされた棚受金具や、猫足バスタブ(それに合わせたアンティーク風のシャワーやカラン)など、それ自体に存在感のあるものを効果的に使用しました。

また、住まれる方のイメージもカップルや若いご夫婦の方にターゲットを絞り、57m2強の広さでありながら、賃貸リノベーションならではの思い切ったゾーニングで、敢えて仕切りの全くない、ある意味とても贅沢なワンルーム空間に仕上げました。

ちなみに、今回の作品名は、いくつものマテリアルからなるカラフルな空間のイメージから、フランス語で“ 色彩 ”を意味する「couleur」と名付けました。

この作品名の通り、それらいくつものマテリアルが放つ色彩がそれぞれに上手く溶け合いながら、適度に雑多感のある“ おしゃれでカワイイ ”カフェの様な空間を演出しているのではないでしょうか?

物件概要
●所在地/京都市左京区田中関田町2-7・鴨東ロイヤルハイツ502号●交通/京阪鴨東線「出町柳駅」徒歩6分●構造/鉄骨鉄筋コンクリート造●専有面積/57.77m2・バルコニー7.64m2●築年月/1975年1月新築●リノベーション竣工/平成21年5月下旬●設備/関西電力・大阪ガス・京都市公営上下水道・エアコン2基・照明器具一式・2口ガスコンロ・エレベーター・オートロック●オリジナルスツール3脚付・専用ポーチ付●賃貸募集条件/賃料120,000円・管理費等19,000円・月額合計139,000円・礼金なし・敷金150,000円・契約期間2年・更新料なし●その他:正式なお部屋のご予約に際しては予約金として家賃1ヶ月分が必要です。(契約時の費用に充当されます。)また仲介物件となりますので家賃1ヶ月分の仲介手数料(税別)が必要です。

リノベーション概要
●主要各部仕上および素材/壁面および天井:スケルトンAEP塗装仕上(一部PBうえAEP塗装)・床仕上:無垢パイン材フローリングオスモオイル塗布仕上(ベッドスペースのみタイルカーペット仕上)・バスルーム:造付のうえ床100角タイル貼り仕上(猫足バスタブ、アンティーク風水栓金具使用)・玄関およびキッチン:300角テラコッタモル貼り仕上・シェルフ、棚板等木部:シナOSCL塗装仕上・キッチン収納、バスルーム入口建具:チェッカーガラスはめ込みオリジナル框ドア・キッチン:モザイクタイル貼りオリジナルカウンターキッチン(業務用キッチン使用)・その他:オリジナルファブリック貼りスツール製作(脚部黒革アイアン使用)、アンティーク風棚受金具使用、マリメッコウニッコ柄カーテン使用

 リノベーション期間/約1.5ヶ月(解体工事期間含む)

リノベーション工事中の現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」)


より大きな地図で 鴨東ロイヤルハイツ を表示

↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc