リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集
リノベーション、デザイナーズマンション

リノベーション「リボーンキューブ」ホーム > ニュースリリース

ニュースリリース

2009.2.13
リノベーション「4年半後」の経年変化を公開。
京都清水、築37年のヴィンテージマンション。


京都で中古住宅のリノベーション事業「リボーン・キューブ」は、リノベーション後のマンション居室の内装素材や設備の経年変化や劣化を、消費者の住居選択の参考情報として提供するために、2009年3月7日(土)、8日(日)に居室を一般公開します。


今回公開する居室は、1971年建築のヴィンテージマンションを2004年8月にフルリノベーションしたもので、京都地域内では先駆的にリノベーション事業を開始した「リボーン・キューブ」の最初期の事業のひとつです。

住宅リノベーションに対する関心は、昨年来の景気低迷期においても、住み手の価値観に合った住居を入手する手段のひとつとして、同時に環境問題、安全・安心などの面から、ますます高まりを見せています。
一方、「リノベーション」という手法や概念が一般的認知度を高めている中で、情報や供給数の不足などから、実際のリノベーションに対する不安や懸念を抱えた消費者も多く存在する状況となっています。不安や懸念とは、1)費用、2)業者、3)施工精度、4)居住後、の4点であると考えられます。

今回は居住後の内装素材や設備の状態を公開し、相談会を開催することで、消費者に住居選択の参考情報を提供し、住居リノベーションへの不安解消と理解の浸透を図ることを目的としています。

「古い住宅の欠点を個性と捉え、古いからこその魅力(ヴィンテージ感)を最大に活かし、時とともに深みの出る空間にする」という理念の下にデザイン、素材選択を行っている「リボーン・キューブ」。その居住空間や経年変化を、多くの方にご確認いただく機会をご提供し、リノベーションという、サステナブルな社会に対応できる住居の普及に取り組んでまいります。

お問い合わせ
株式会社リボーンキューブ
電話 : 0120-45-7885 E-mail : info@reborn.cc


■公開物件紹介、概要

●欠点も活用し、個性的に住居価値を向上させる。

リボーン・キューブのリノベーションのコンセプト、「古い住宅の欠点もそれぞれの個性と捉え、古いからこその魅力(ヴィンテージ感)も活かし、時とともに深みの出る空間にする」という発想のもと、今回公開する作品は京都風アジアンテイストたっぷりの癒しの住空間です(作品名「godaan」はインドネシア語で「誘惑」の意)。



●閉塞感を解消し、採光性を向上。

1LDK、約56m2の比較的小さな空間でありながら、物件の欠点である、1)側面に開口部がないことによる閉塞感、2)部屋の中央に大きく張り出した梁の存在感、を解消し、空間の広がりと採光性を向上させています。
閉塞感を感じさせる壁を一切設けず、視線が抜けるシェルフ(棚)を間仕 切りとすることで欠点を解消しています。シェルフには好みの雑貨や本、食器などをディスプレイできるようになっており、住み手は、より自分らしいオリジナリティある住空間を完成できます。「デザインを押しつけすぎず、住み手 が暮らしながら好みの空間に仕上げられる住居を提供する」こともリボーン・キューブのコンセプトのひとつです。


●眺望の悪さを、プライバシーが守られた安心の癒し空間に転換。

窓からの眺望の悪さという欠点(南向きバルコニーの2階部分ですが、接道が傾斜しているため室内からの目線が1階とほぼ同じ高さになります)を、既存のサッシの室内側に重厚な木枠の建具をつくり、その中にウッドブラインドを仕込むという方法で、プライバシーが守られた安心の癒し空間に転換しました。
外部との視界を遮りながらも南面からの明るい光を確保することで、当作品の京都風アジアンテイストなデザインと相まって、癒され安心できる異空間にいる様な感覚が得られます。


●建築当時の素材や状態を活かし、コストダウン。

室内の壁面や天井はモルタルによるシゴキすらもすることなく、よりヴィンテージ感を感じられるように荒々しい素材のまま塗装を施しています。
素材や建築時の状態を活かすことでコストダウンも図っています。例えば、既存の納戸やボイラー室はあえて間取変更せずに、納戸はクローゼットに、薄暗らかったボイラー室はペイントによって清潔感のあるランドリールームに変えています。また浴室やキッチンの位置も既存の位置に再設置し、コストダウンを図りました。


●照明や陰影の味わいも、住み心地の大切な要素。

リボーン・キューブでは、照明が与える視覚効果や癒し効果なども日々の生活にとって重要なものと考えています。各部の照明は全て調光可能で、生活シーンに合わせた照明設定が可能です。当作品ではシェルフの随所に埋め込んだ照明球に網目状のカバーを被せ、それらが織りなす陰影も見どころの一部となっています。


以上の様に、それぞれの物件の欠点も新たなアイデアにより再生し、全く新しい空間として生まれ変わらせるリノベーションを、作り手である我々自身もワクワク楽しみながら行っています。



■ 物件概要
●所在地/京都市東山区清水四丁目 シャトー清水204号室●交通/京阪本線「五条駅」徒歩 10分・市バス「五条坂停」徒歩3分●構造/鉄骨鉄筋コンクリート造●専有面積/56.20m2・バルコニー面積/7.89m2●築年月/昭和46年5月●リノベーション竣工/平成16年8月初旬●設備/関西電力・大阪ガス・京都市公共上下水道・エアコン2基・照明器具一式・植栽・エレベーター●その他/バルコニー南向・管理人日勤●賃貸募集条件/賃料:120,000円・管理費等:15,400円・月額合計:135,400円・保証金:400,000円(解約時50%引)・2年更新・更新料:賃料2ヶ月分

■ リノベーション概要
●主要各部仕上および素材/床材:チーク無垢フローリング(チークオイル拭取仕上)・壁面および天井:スケルトンAEP塗装仕上、一部PB下地AEP塗装仕上・各部建具:シナフラッシュOS/CL塗装仕上、一部AEP塗装仕上・シェルフ(家具):シナ合板張合せ(照明球埋込)OS/CL塗装仕上・バスルーム:洗面台、バスともに造付のうえ床、壁面モザイクタイル貼り・玄関:モザイクタイル貼り・キッチン:業務用流し台、調理台およびガス台、レンジフードおよび壁面SUS/HL貼り●リノベーション期間/約1ヶ月間(解体工事期間含む)●リノベーション費用/930万円(デザイン費・デザイン監理費・シェルフ家具・エアコン・照明器具一式・電気工事費用・給排水およびガス配管取替費用・解体撤去費用・消費税等全て含む)


Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
よくある質問  メンバー登録  ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ
会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc