リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

スキップフロア、ロフト、書斎、広々バスルーム、キャットウォークのあるフレンチレトロ風リノベーション

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 こちらの案件は、ご親戚より譲り受けられたと言う「持ち家」リノベーションのご依頼でした。とは言っても、まだ一度もこちらにはお住まいになったことがなく、譲り受けられたことを機にリノベーションをと思い立たれてのことでした!また、今回の建物(ハコ)である高野公団テラスハウスは、スキップフロアを取り入れたRC造2階建の連棟構造になっており、低層のRC造にありがちなコンクリート壁による間仕切りカベがあるなど、ゾーニング変更の点においてはかなりの制約があるのですが、スグ近くの同じ団地内にて以前にもリノベーションを手掛けさせて頂いておりましたので、そうした構造的な制約等に関しては十分把握できておりました。そのため、ご相談のお問い合せを頂いて初めて現地でお会いした際にも比較的スムーズにリノベーション後のイメージのやり取りをさせて頂くことができました。また、お客さまにおかれましてもリノベーションに際してどうしても叶えたい点と場合によっては譲っても良いと思われる点をその優先順位も含めて明確に持っておられましたので、その点においてもスムーズにお話しさせて頂くことができました。さらに、アタマの中に描いておられる完成イメージに近い写真をスクラップブックにしてまとめて下さっていましたので、ご提案に際してはそのスクラップブックごとお預かりさせて頂くことができ、デザイナーへのイメージの伝達の方もよりスムーズに行うことができました!

 リノベーションに際しては、前述の通り構造的に大胆なゾーニング変更ができなかったため、今ある空間をいかにスッキリと生まれ変わらせることができるかと言うことがテーマとなりました。また、具体的なご要望としては、第一に昔のまんまの古いお風呂(公団独特の昔のアパートの様なお風呂)を洗面とトイレも合わせた広々としたワンルーム空間のバスルームにしたいと言うものでした。こちらは構造的にも可能なご要望でしたので、我々としても普段なかなかご提案する機会が少ない在来工法のバスルームの提案ができるなぁ・・・と、楽しみが広がりました!また、このテラスハウスの特徴でもある2階の居室の勾配天井を上手く取り入れれば、かなりの高さの天井高を確保することができましたので、お子さまのお部屋にロフトをつくられては?と言うご提案もさせて頂きました。また、デザインテイスト的には“フレンチレトロテイスト”のイメージをご希望されていましたので、いつもはオイルステイン(OS)塗装で茶系の色目に着色させて頂くことが多いメイン空間のブックシェルフも、今回は真っ白に塗装させて頂くご提案となりました。あと、もう一点お客さまからのたってのご希望として、元々ご自宅に設置しておられたステンドグラスを今回のリノベーションにおいてどこかで使って欲しいと言うものがありました。と言うことで、こちらに関してはちょうどリビングから正面に見える2階の書斎の入り口(最も存在感を発揮できる場所)に配置させて頂くご提案をさせて頂きました。(皆さまも同様にこうした思い入れのあるアイテムあれば是非再利用のご相談を下さいね!)それと、もう一人!?のご家族であるネコちゃんのためにキャットウォークやウォークスルーをつくらせて頂いたりなども致しました!

 そんなこんなで、お客さまのイメージ通りのフレンチレトロテイスト感のあるリノベーション空間が誕生したのでした!特にご自身で選ばれたコダワリのデザインタイルを贅沢に貼りめぐらせたバスルーム空間はイメージしていた以上だとお褒めの言葉を頂きました!(その他のところも同様に仰って頂きましたが・・・!)作品名の「alma(アルマ)」のネーミングはお客さまより頂いたもので、スペイン語で「魂」と言う意味なのだそうです。ネーミングの理由は“今自分が叶えたいこと”、その心情を上手く今回のリノベーションに反映させることができたとのことで、その“心情”の部分を“魂”と言うコトバに置き換えて名付けられたのだそうです!そんなワケで、こちらも奥の深い素敵なネーミングですね!ちなみに完全なお引っ越しはまだ少し先のご予定なのですが、これから徐々にお気に入りのインテリア等を配置して行かれ、さらに素敵な空間へと完成して行くのがとても楽しみです!

リノベーション現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」 『バスルームにこだわったスキップフロアのある立体的空間を持つRCテラスハウスリノベ』 )

 物件概要/1980年3月新築(築後35年)・京都市左京区高野玉岡町・テラスハウス・個人住宅リノベーション・施工床面積80.75m²・構造:鉄筋RC造スレート葺2階建

 主要各部仕上および素材/壁面、天井仕上:スケルトンAEP塗装仕上・リビングダイニング床仕上:無垢クリフローリング貼り仕上(アンティーク加工品)・その他居室等床仕上:タイルカーペット貼り仕上・浴室、ラバトリー、WC:全面デザインタイル貼りオリジナル在来工法仕上(サンワカンパニークラシカルモデル浴槽、TOTOピュアレスト便器使用)・玄関:既存利用・エントランスホール:Pタイル貼り仕上げ・建具および特注家具:シナOSCL塗装仕上・キッチン:壁面モルタル塗りおよび壁付けキッチン入れ替え(TOTO mitte使用)、床Pタイル市松貼り仕上・その他:2期工事として裏庭外構工事(木塀設置、芝生植栽、既存デッキ補修等)、ミーレドラム式洗濯乾燥機設置他

 リノベーション期間/約2ヶ月(解体工事期間含む)





↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc