リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

車イスや介護も想定。50代からのご夫婦がおしゃれに快適に住まうためのマンションリノベーション

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 今回のお施主様も物件の購入からリノベーションまでの全てをお任せいただきました。ではいつものようにどのようにリノベーションに至ったかについて物件購入から順にご説明させていただきます。まず物件購入からご説明しますと、弊社にお越しになる前から徐々にお施主様自身で物件を探し始めておられましたがピンと来られる物件がなく、買い替えのため期限も限られていたため、あまり悠長に探していられない事情もありましたのでご希望に近い物件があればすぐに内覧いただくようにしておりました。そして2ヶ月ほど経過する内にいくつか物件を内覧いただいておりましたが、なかなかこれという物件がなかった時に、商談中だった今回の物件が内覧いただけることなりすぐにご覧いただきました。そうしたところ元々お施主様がお住まいだった地域で地の利もあったため、気に入っていただき即決でご購入いただけることになりました。また後日談で売主様よりお聞きしたのですが、売主様自身この物件を大変気に入っておられ、一生住むつもりでおられたほどだったため、そのように思われていた物件をタイミングよくご紹介でき、かつ購入いただけて本当によかったです。

 次にリノベーションについてですがリボーンキューブで今までリノベーションさせていただいたお客様の中では年齢層が高いため、近い将来に車椅子などを使用し介護されることも想定してのプランニングをさせていただきました。またご夫婦だけでのお住まいということからも個室が必要ないため、すべてが見渡せるワンルームでのゾーニングをご希望でしたのでそれらを加味してご提案をさせていただきました。
 まず玄関を入ると小上がりの和室部分以外はパッと目に入る広々としたリビングとダイニングとキッチンが一体になったゾーニングとしました。またモノをたくさんお持ちでしたのでそれらをうまく収納できるようにクローゼット・押入れ・WICとを設けさせていただきました。ワンルームのゾーニングから間仕切ったのは、水回りである浴室・洗面・トイレと広めのWICでした。このWICですが、お手持ちのタンスなどを仕舞えなおかつたくさんの洋服を吊れるように設えつつ、ご要望であった杉の無垢材を壁・床・天井と全面に敷きつめ調湿などを効果的にできるように仕上げさせていただきました。
 次に水周りですがトイレを区切らずに洗面と1室空間にゾーニングし車椅子などを使いやすいように十分な広さを確保しました。浴室はユニットバスですが広めの1坪タイプを採用しこちらも将来的に介護などがしやすいように配慮しました。 キッチンは、角部屋で窓が多いことからその窓をバックにしてグレーのタイル張りの対面キッチンを取り明るく広々とした使いやすいキッチンながら落ち着きのある空間に仕上げました。
 またリビングに小上がりを設け、そこに布団を敷いて寝られるように設え、畳下も有効に使えるように手前は引き出し式で収納を作り、奥は畳を上げると収納になるように仕上げました。またこの小上がりに合わせてオリジナルのテーブルを作成させていただき、小上がりに座りながら窓側にテーブルを置いてデスクとして使用いただいたり、小上がりの畳を上げて堀ごたつにするなど多目的に使用できるように設えました。
 空間の全体的な色調は落ち着いた少し濃い目の色合いを希望されていたため、キッチンのタイルはグレーを使い、床はブラックウォルナットの複合材を採用し、建具などの木部は少し濃い目の茶系で仕上げ、大人がくつろげる色調の空間に設えさせていただきました。

 このように今までとは少し違った趣のあるアダルトな空間を創らせていただけたことで、リボーンキューブの新たなセグメントのリノベーション作品としてラインナップさせていただけることになりました。
 作品のネーミングは、ご提案させていただいた中からお施主様にお選びいただき“calm(カーム)”と命名させていただきました。意味は“穏やか”です。お施主様にこのリノベーションさせていただいた空間でまさに穏やかで快適な暮らしをしていただけることを願ってネーミングにさせていただきました。
 最後になりましたが今回も物件のご購入〜リノベーションまで全てをお任せいただき、ご一緒にこの穏やかで和む空間を創らせていただけたことに深く感謝して締めくくらせていただきたいと思います。

リノベーション現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」 『ワンルーム空間としてオーバーフィフティご夫婦がおしゃれに快適に住まうためのマンションリノベ』 )

 物件概要/昭和59年新築(築後31年)・京都市左京区・個人住宅リノベーション・専有面積65.12m²・構造:鉄筋コンクリート造5階建2階部分

 主要各部仕上および素材/壁面:PBの上AEP塗装仕上げ・天井:スケルトンの上AEP塗装仕上げ・床材:ブラックウォルナット複合フローリング(オスモオイル仕上げ)・シェルフ、デスク:シナOSCL塗装仕上・キッチン:タイル貼り、LIXIL製システムキッチン・ユニットバス、便器:LIXIL製・WIC:壁、天井、床、杉無垢材仕上げ、その他:H&H製レンジフード、パナソニック製LED照明(調光付)・目積畳等

 リノベーション期間/約1.5ヶ月(解体工事期間含む)





↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc