リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

収納にこだわった広めの玄関土間をもつマンションリノベーション

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 今回の作品は以前にリノベーションさせていただいたことがある“mosaoque”と同マンション内でご縁がありリノベーションさせていただくこととなりました。今回のお施主様も購入からリノベーションまでの全てをワンストップでお手伝いさせていただきました。
 どのような流れでご依頼いただいたかについてですが、リライフプラスというリノベーションを主に扱っておられる雑誌で中古マンションを購入いただきリノベーションさせていただいた“kiki”という作品を取材していただきました。その雑誌をお施主様が新築も含めて物件をお探しになっておられた時にまたまたご覧になってリノベーションという方法があるということをお知りになり、当社にご相談にお越しいただいたことがきっかけでした。
 お施主様にどのような物件をお探しかをお聞きしたところ今回の物件(売りに出た当初からリノベーション向きだと思って温めていました)に合致していたのでご紹介したところ気に入っていただけ、ほぼ即決で決めていただけました。少し前から売りに出ていたこともあり価格も下がられたところだったため、お話しが非常にスムーズに進み無事購入いただけることとなりました。
 本当にうまくタイミングがあったと思います。ということで物件が比較的早く決ったためすぐにリノベーションのご相談を進めさせていただくことができました。

 では具体的にどのようなリノベーションをさせていただくことになったかということですが、まずゾーニングに際してお施主様のご要望がご主人の趣味が多彩なため書斎が必ず欲しいということ、そして収納を上手にとりたいということ、また最初にお問い合わせいただくきっかけになった“kiki”のような空間が好きということ、などでした。
 そのご要望を踏まえゾーニングに際しては玄関を入ったところに少し広めの土間をとりそのままデスクに向かえるようにレイアウトし、収納もその土間からできる限りとるようにしました。
 キッチン部分は奥様のご要望を取り入れキッチンバックにゴミ箱や食器および電子レンジや炊飯器などのお手持ちの家電などがきちんと収まるように収納をレイアウトさせていただきました。
 その他にもリビングにアップライトピアノやテーブルセットそしてソファなどがきちんとレイアウトできるように全てのサイズを確認させていただきながらゾーニングしました。
 寝室はそう広くなくてよいとのご要望でしたので必要最低限の広さにし、そのかわりウォークインクローゼットを広めにとりお手持ちのローボードなどがすっきり収まりなおかつ充分な収納量を確保できるように設えました。

 このように今回のリノベーションポイントとして当初のご要望にありました通り奥様が収納に重点を置かれていたため全ての収納部分について数センチ単位までを割り出して図面に落とし込みました。
 またキッチン部分に話が戻りますが、今回のお施主様も対面キッチンをご要望になられていたこととリボーンキューブでよく採用するモザイクタイルを気に入っていただいてこともあり迷わず採用させていただきすっきりと使いやすいキッチンスペースに設えさせていただきました。
 キッチン部分に上階からのパイプスペースが下りてきておりましたがその部分に飾り棚を配することでパイプスペースの存在をうまく消すことができるようにも設えしました。

 水回りは基本的に大きさを変えずに洗面とトイレ入口に引き戸を採用して動線を確保し、必要最低限ですが使いやすくレイアウトさせていただきました。
 洗面については無印良品の収納を設置されたいとのご要望がありその寸法にあうように洗面台の位置などを調整させていただきました。
 このように収納に並々ならないこだわりをお持ちのためそのご要望を踏まえた上で使いやすくすっきりとしたリボーンキューブらしいデザインに仕上げさせていただきました。
 こうして今回のお施主様のご要望である収納に特化してしながらも野暮ったくなく、最終的に完成した作品はリボーンキューブの今までのデザインテイストを踏襲した安定感のある仕上がりとなりました。

 今回のネーミングですが“ löysä ”とさせていただきました。その意味はフィンランド語で“ ゆったり ”ということです。理由は今回リノベーションさせていただいたお施主様がお住まいになったご様子を想像すると、ご主人と奥様そしてお子様のそれぞれが思い思いの時間を楽しまれながらもその居心地のよい空間に流れる時間がさもゆったりとした流れの中にあるように感じられたことからこのネーミングにさせていただきました。

 最後に今回の作品もリボーンキューブらしいデザインテイストを織り交ぜながらもお施主様と共に楽しくリノベーションさせていただくことができた作品となりました。あとはお施主様にお住まいいただきご自分達のお好みの空間に住みこなしていただけることを願っております。そしてまた落着かれた頃にお邪魔して、どのようにお過ごしになっているかを拝見したい作品となりました。
 今回も素敵なリノベーション作品を創らせていただけたことに感謝して終らせていただきたいと思います。

リノベーション工事中の現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」)

 物件概要/1984年新築(築後29年)・京都市中京区・個人住宅リノベーション・専有面積54.32m²・構造:RC造8階建5階

 主要各部仕上および素材/壁面:PBの上AEP塗装仕上(一部スケルトンの上AEP塗装)・天井:スケルトンAEP塗装仕上・床材:オーク無垢フローリング(オスモ塗装仕上)・バスルーム:INAX製ユニットバス・シェルフ、クローゼット、建具:シナOSCL塗装仕上・キッチン:ホワイトモザイクタイル囲いの上、サンウェーブ製システムキッチン・便器:TOTO製等

 リノベーション期間/約1.5ヶ月(解体工事期間含む)



↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc