リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

愛猫と暮らすアンティーク風リノベーション

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 今回の案件は他社にて中古物件をお決めになった上でのリノベーションのみのご依頼でした。また、ご相談頂いたタイミングがご契約直前だったこともあり、住宅ローンのアドバイス等もあわせて対応させて頂きました。物件的には60㎡弱のマンションの角部屋で2面にバルコニーがあり、その窓から多くの緑や大文字も望めると言う絶好のロケーションでした。とは言え、現状はメインの開口部(サッシ)がリビングに取り込まれておらず、そのサッシ際にはそれぞれ個室が2部屋(和室と洋室)が配置されていました。このため、せっかくの抜け感のあるロケーションも肝心のリビングからは見渡すことがでませんでした。(現状の間取りは玄関付近に1室、メインの開口部に面して2部屋が配置され、その真ん中にリビングがあると言う、この当時のマンションによくあったパターンの3LDKになっていました。)

 リノベーションに際しては、お客さまが大人お二人(プラス愛猫)と言うこともあり1LDK+収納ベヤくらいの間取りで十分だったため、そのロケーションを最大限に取り込んだ“広いリビング空間のある1LDK”をつくるべく打ち合わせを進めて行きました。デザインコンセプトはお客さまのご要望であるアンティークテイストと粗くたさが感じられる空間を表現することでした。また、お客さまご自身で素材的な部分も含めてある程度のイメージを固めておられましたので、ざっくりとしたプラン自体は早々に決まって行きました。(リビングのアール壁やアンティーク風ドア、ガラスブロック等もお客さまのアイデアでデザインに取り入れたものです!)あとは予算をシビアに見て行く中でフローリングをはじめとしたその他の素材およびキッチンやバスルームや洗面と言った設備面の仕様を取捨選択しながら固めて行きました。

 そして、最終的に床材は以前の作品(「Doux」「frame」)でも使用した表情のあるアンティーク加工済のクリ材のフローリングを選ばれ、またデザイン上のメイン素材であるリビングドアにはお客さまが以前より心に決めておられたアンティーク風ドアを選ばれました。あと、コンセプトカラーに「蒼色(ブルー)」を選ばれ、コチラもお客さまのアイデアにより先のリビングドアを始めとして、所々にそれぞれ濃さの違うブルーをアクセントとして配置しました。(トイレのドアにも濃いブルーのアンティークガラスがはめ込まれています。)こうしてお客様のイメージ通りのアンティーク感と程良い粗さが共存した大人な雰囲気のリノベーション空間が誕生したのでした。

 今回の作品名である「Old Blue(オールドブルー)」もお客さまよりご提供頂いたもので、コンセプトカラーである「蒼色」が年月を経てさらに深いアンティークなブルーに変化して行くさまをイメージされてネーミングされました。まさに今回のリノベコンセプトを的確に表現した、お客さまの思いの詰まったネーミングですね!

リノベーション工事中の現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」)

 物件概要/1985年12月新築(築後28年)・京都市左京区一乗寺大原田町・区分所有マンション・個人住宅部分リノベーション・専有面積58.50m²・構造:RC造5階建

 主要各部仕上および素材/壁面、天井仕上:PB貼りの上AEP塗装仕上・床仕上:無垢クリフローリング仕上(アンティーク加工品)・浴室:TOTOユニットバス(浴室暖房乾燥機付)・洗面室:モザイクタイル貼りオリジナル洗面化粧台(施主支給アンティーク風洗面ボウル、水栓およびミラー取付)、床Pタイル貼り仕上・WC:TOTO(ピュアレスト)、床Pタイル貼り仕上・玄関:300角タイル貼り仕上・建具および棚板:シナウレタン塗装仕上(各建具とも施主支給アンティーク金物使用)・キッチン:サンワカンパニー(グラッド45アイランドタイプ)設置、床Pタイル仕上・その他:ガラスブロック施行、施主支給アンティーク風ドア取付、給湯機交換等

 リノベーション期間/約1.5ヶ月(解体工事期間含む)



↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc