リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

開放感ある勾配天井2階リビングのレトロ木造一戸建リノベーション

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 今回の案件は他社で物件を決められてからのリノベーションのみご依頼でした。また、今回は直接的に住宅ローン申し込み手続き等のお手伝いはさせて頂きませんでしたが、ご契約された物件のローン審査が速やかに進む様、仲介業者さんと直にやり取りしながら見積書を準備させて頂くなど、側面からのバックアップ体勢で臨ませて頂きました。物件は築後40年近く経過した恐らく当時の分譲住宅で、広さは1,2階を合わせた延面積でおよそ70m²弱の比較的こぢんまりとした建物でした。
 実際に内覧をさせて頂いて最も印象に残ったのは2階北面の窓から望める眺望でした。前面道路を挟んで目の前にJR奈良線の線路が走っていたものの、それがかえって視界を広げ緑地帯の様な役割を果たしていたことや、少しだけ高台の様になっている立地も相まって窓の外には京都市内を一望できる素晴らしい景色が広がっていました。もちろん、この景色をリビングダイニングに取り込めたらいいだろうなぁ・・・とすぐさま思い付いたことは言うまでもありません。ちなみに既存の間取りは当然ながら昔の一戸建のステレオタイプ的なもので、1階は応接間とダイニングキッチン、2階は続き間の和室中心のゾーニングになっていました。

 リノベーションに際してのたってのご希望は、ご友人やご家族など何かと来客の多いお客さまのライフスタイルにあった広いリビングダイニング空間をつくって欲しいと言うことでした。先の通り、既存の間取りは昔ながらのいかにも使い勝手の悪そうな小間切れのゾーニングになっていましたので、まずはその状況を打破して、眺望が良く空間を広げられる2階に開放感のあるリビングダイニング空間をつくるべくプランニングを検討して行きました。その他にもアウトドアスポーツをされているお客さまのご要望で、帰宅した際の玄関からバスルームまでの動線を考慮したゾーニングや沢山の洋服や靴をひとまとめに収納したいと言うご要望にお応えしてウォークインクローゼットを配置するなどのご要望もあわせて落とし込んで行きました。
 デザイン的にはワイン好きのお客さまのイメージからも、どちらかと言えばヨーロピアンアンティークテイストを好んでおられたため、床材にアンティーク加工されたパイン材をもってきたり、シャンデリアや棚受金物などもそのテイストが感じられるもをチョイスしてご提案させて頂きました。ただ一方で今回の案件では、一点だけ “白アリ”被害があることが物件資料にも記載され前所有者より申し送りされており、さらにその被害状況がどの程度のものか解体するまで把握できないと言うブラックボックスを抱えておりましたので、その修復費用や築年数の古い木造分譲住宅故に構造補強に要する予算の方も睨みながらの打ち合わせとなりました。

 また、この案件でもご希望予算に対して見積額がそこそこオーバーして出て参りましたので、ご要望内容を改めて取捨選択して削ぎ落として行きながら予算に持って行く“見積もり調整”と言う名のハードルを乗り越えながらのものとなりました。さらに実際に解体工事に着工してみると、前述の白アリ被害が思いの外大規模だったことや構造的な部分でも想定以上の補強が必要なことが判明するなど、さらなるハードルが立ちはだかりましたが、この点に関してはお客さまに理解を頂くことができ追加予算として捻出して頂くことで予定通り進めさせて頂くこととなりました。
 こうして、ある意味最も高いハードルをも無事に乗り越えることができ、素晴らしい眺望を取り込んだ広々としたリビングダイニングのあるリノベーション空間が誕生したのでした!圧巻なのは元はごくふつうの続き間の和室と洋室だった部分の天井を全て取っ払って”屋根勾配”に合わせて高くした開放感のあるリビングダイニング空間です!完成写真をご覧頂ければ、元がふつうの和室や洋室だったことが信じられない空間になっていることがお分かり頂けると思います!

 今回の作品名「Oui134(ウィアントロワカトル)」はフランス語に明るいお客さまよりご提供頂いたもので、一般的な「Yes」の意味の他に「最高!」と言う意味を持つ「Oui」と言う単語に、お客さまの好きな数字である「1,3,4」をプラスしてネーミングされたものです。(数字自体は特に意味を持たないそうです。)まさに“最高”な空間にお好みのインテリアなどをプラスされて、自分たちらしく暮らしを楽しんでおられる様子が目に浮かぶ様な素敵なネーミングですね!

リノベーション工事前の現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」)
リノベーション工事中の現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」)

 物件概要/1975年10月新築(築後38年)・京都市伏見区桃山長岡越中東町・一戸建・個人住宅リノベーション・施工床面積66.20m²・構造:木造瓦2階建

 主要各部仕上および素材/壁面、天井仕上:PB貼りの上AEP塗装仕上・リビングダイニング床仕上:無垢クリフローリングパイン(ヴィンテージ加工品)・その他居室等床仕上:タイルカーペット貼り仕上(玄関ホール等Pタイル貼り仕上)・浴室、洗面室:モルタルによる在来工法の上TOTOバスタブ使用(浴室暖房乾燥機設置)・WC:リクシル(アメージュ)、床Pタイル貼り仕上・玄関:モルタル土間仕上・建具および特注家具:シナOSCL塗装仕上・キッチン:モザイルタイル貼りオリジナル対面キッチン(業務用キッチン使用)、床Pタイル仕上・その他:外構工事、給湯器交換等

 リノベーション期間/約2ヶ月(解体工事期間含む)



↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc