リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

シンプル、ホテルライク。生活感を感じさせない一戸建リノベーション

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 今回のお施主様はお住まいされているご自宅をリノベーションされたいとのご要望でご相談を受けました。当初は建て替えもお考えだったようですがお住まいの地域が建ぺい率と容積率が極端に厳しい地域であることから、建て替えると今よりもさらにひとまわり小さい家になるということから断念され、どうされるかを思案されていた時にたまたま弊社のHPをご覧いただきリノベーションという方法があるということをお知りになってご依頼をいただくこととなりました。まさにリノベーションならではのエピソードではないでしょうか。

 それでは具体的にどのようにリノベーションさせていただいたかですが、お施主様のご要望は「シンプルでホテルライクな生活感のない家」とのことでした。お施主様が男性おひとりでお住まいということもありこのようなご要望をいただけたのですがリボーンキューブが得意とするクールな空間を創らせていただけると感じ、お話を進めさせていただきました。
 建物は築40年以上が経過しており若干の修繕をされた形跡はありましたが築年数と共にかなりの劣化が見受けられました。特に外壁は一部が剥がれて今にも落ちそうな状態で、一目ですぐに改修が必要な状態であることが解るほどでした。また内部も設備を含めて全てがかなり老朽化しておりそろそろ限界を迎える時期でした。ですので外回りを含めて全てを全面的にリノベーションさせていただくことになりました。

 具体的にどのようにリノベーションさせていただいたのかですが、まずは1階部分からご説明しますと、玄関は和風の引き戸からスチール製の重厚なドアに変え、そのドアを開けると全てが今までとは全く違った空間として現れるようリノベーションさせていただきました。
 まず玄関を入ると階段が目に入りますが視界を遮る蹴込板をとらず段板だけにして奥行を出し、その上部を吹き抜けにすることで実際の広さ以上に広がりを感じられる玄関ホールに設えました。
 そして玄関を上がりローカから水回りとその奥の寝室へと続く動線として奥行を感じていただけるようにゾーニングしました。

 水周りはお施主様のご希望を踏まえトイレと洗面・浴室はセパレートとして、どちらもそう広くはないのですが必要十分で快適な空間を確保しました。
 特に洗面・浴室は一体で設え、室外にあった洗濯機スペースも確保しながらリボーンキューブらしいホテルライクな空間に仕上げました。

 奥の寝室は壁面一面を木壁にしてその面に収納も取り込み、床はタイルカーペットにしてラグジュアリー感を醸し出した空間に仕上げました。

 2階部分は、元々はあまり活用されていなかったため、逆に2階をLDKとすることで活用いただける空間としてゾーニングしました。
 お施主様のご希望される落ち着きのある空間にするため、全室内の壁面塗装はリボーンキューブでお馴染みのクリーム色ではなくグレー色に塗装し、床はフローリングがあまりお好きでないお施主様のご意向を踏まえて同じくグレー色のPタイルを貼り、木部を古色で仕上げ、全体的に濃い配色とし、落ち着きのあるホテルライクな空間に仕上がるように設えさせていただきました。
 LDKを大胆に大きくとったことで補強しなくてはいけない壁面の筋交いを敢えて見せることで広がりを感じられるようにし、デザインとしても溶け込むようにしました。

 キッチン部分はシンプルな業務用キッチンを採用しその囲い部分をモルタルで仕上げることでお施主様のご希望されていた打ちっぱなしコンクリートのイメージを醸し出すようにしました。そしてキッチンバックの壁面一面に収納を配し、冷蔵庫も含めキッチンで使う全てのモノを収納できるように設えて生活感が出ないように配慮しました。
 リビング側にもローボードの収納をとり階段との手摺りを兼ねながらも、相当量の収納が確保できるようにしました。そして天井は元々の梁を見せ勾配天井にすることでより広がりを感じられるように設えました。

 外部については外壁全面をモルタルの下地から塗り替え、墨色の塗装で仕上げ、土間も同系色のカラークリートで仕上げ、仕切りのブロックなどは設けずに照明だけを配して一体感のあるシンプルな外観に設えさせていただきました。

 以上のような内容でリノベーションさせていただいたことで本当にクールなお施主様のご要望通りの空間がご提供させていただけたのではないかと思います。お施主様宅にはご友人がよく遊びに来られるとのことですのでビフォアと比べ全てが生まれ変わった空間をご覧になり、さぞ驚かれるだろうと思い、実際どのような反応をされるのかを見てみたい気がしました。
 今回のネーミングは“ SOLID ”と命名させていただきました。意味はもう日本語と言ってよいほど一般的に使われてますので敢えて説明させていただきませんが今回の作品にピッタリなネーミングではないかと思います。

 最後になりましたが今回の作品はお施主様のご要望をリボーンキューブなりに咀嚼した上でデザインをご提案させていただき、その提案を全面的に気に入っていただき受け入れていただけたことで妥協することなくリボーンキューブらしいシンプルだけれどホテルライクな落ち着ける空間を創らせていただけたことをお施主様に感謝して締めくくらせていただきたいと思います。

リノベーション工事中の現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」)

 物件概要/1970年新築(築後44年)・京都市右京区・個人住宅リノベーション・延面積54.50m²・構造:木造2階建

 主要各部仕上および素材/壁面:PBの上AEP塗装仕上(一部シナ合板の上AEP塗装仕上げ)・天井:PBの上AEP塗装仕上・床材:Pタイル・洗面、バスルーム:モルタル仕上げ(一部タイル張り仕上げ)・シェルフ、クローゼット、建具:シナOSCL塗装仕上・キッチン:業務用ステンレスキッチン(ガスコンロ付)・便器:リクシル製・その他:H&H製レンジフード、タイルカーペット、カラークリート(外部)等

 リノベーション期間/約2.5ヶ月(解体工事期間含む)



↑top

Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 info@reborn.cc