ビフォーアフター


分譲マンション1室リノベーション/収益物件

リノベーションコンセプト
リノベーション概要
物件概要
リノベーション費用

間取り図

【間取り】

before(左):10帖のLDKと10帖の和室が分断されており非常に狭い印象でした。
After(右):キッチンとリビングの間の壁は構造上とれないため完全な1室空間には出来ませんでしたが壁面にアールを用いることで広がりのある1つの空間になる様に工夫しました。


【エントランス】

before(左):玄関部分が非常に狭く、空間的にも広がりが無くせせこましい印象でした。
After(右):玄関部分を広く取り駐輪も可能なほどの広さにしました。床から天井までの玄関収納を設けて下駄箱等をおかなくても良いように工夫しました。照明もウォールナットの壁面を照らして趣のある空間に仕上げました。

【リビング】

before(左):和室は暗く使い勝手の悪い印象でした。
After(右):壁面に収納を取り入れ飾りながらも充分な収納力を確保できるようにしました。照明も間接照明を取り入れ広がりのある空間に仕上げました。

【ダイニング・キッチン】

before(左):30年前のキッチンであることから使い勝手が悪くまた汚い印象でした。
After(右):業務用のステンレスキッチンを採用してシンプルで清潔感のあるキッチンに仕上げました。またキッチンと反対側に床から天井までの収納を設けて食器等キッチン廻りの全ての物を収納できるよう仕上げました。

【バスルーム】

before(左):3点式のユニットバスで暗くて狭い非常に使い勝手の悪い印象でした。
またキッチンの壁が木目合板を貼ってあ非常に暗い印象でした。
After(右):全面モザイクタイル貼りにして明るく広々としたホテルのようなバスルームに仕上げました。またベランダに洗濯物を干せないのでビルトイン式のイタリア製洗濯乾燥機を設置しました。

【リビング】

before(左):和室に1間半の押入がありましたが収納が充分でなくタンス等があり非常に狭い使い勝手の悪い印象でした。
After(右):広い方の壁面一杯に収納兼オープン棚を設けて充分な収納とデザインの良い家具を合わせ持つ様な仕上げにしました。
また床材は天然のバーチ材(ムク材)を採用して質感を高めました。

【リノベーションコンセプト】

この物件はRe:BORN cube project第一弾目の作品であり、RADIUS(半径)の意味を持つ単語を作品名としました。作品名からも連想出来る様に室内に半円部分(アール)を設け、部屋の圧迫感を和らげています。

また当初のコンセプトではm2数の少なさからワンルーム的なスペースを考えていましたが、当初の間取のLDKと和室の間の壁が取り壊し出来ない事が判明した為、壁を残した形でのデザインを余儀なくされました。
しかし結果的には壁面があることにより、収納スペースをふんだんにとる事が出来、このm2数の物件としては、充分すぎる収納を確保しました。
これにより当初よりのコンセプトである、出来る限り部屋内をシンプルに必要最低限の家具など好きな物に囲まれて暮らすと言う事が可能になりました。(m2数が少ない→収納も少ない→部屋が物であふれる)

またもう一点は、いかにm2数の少なさを感じさせないスペースをデザインするかでした。これも通常、上記の様に狭いスペースに容量の多い収納を確保するとなると、必然的に使用スペースが狭くなります。
この作品においては部屋内の壁面一面が収納になっていますが、床面から天井まで立ち上げるのではなく、中間部分と上部がへこむ様な形にし、奥に間接照明を仕込む事により、奥行き感をだしています。
この手法により狭さを感じないどころか、スケルトン状態よりも広く感じるスペースが完成しました。

デザイン的にはバーチ材の無垢フローリングとウォールナットの突き板(収納及びアール部分)そして壁面部分の躯体(コンクリ)に直接ホワイトのAEPを塗装する事により、ヨーロピアンでありながら都会的な空間に仕上げました。
かと言って部屋が主張しすぎず、住み手が如何様にもアレンジ出来る、住みたいと思う空間、また住んで楽しい空間造りを目指しました。
洗面部分も洗面・トイレ・浴室を一つのスペース内に配し、単体では間仕切り等により狭く感じてしまいがちな水回りを広く・開放的に、ホテルライクなライフスタイルを提案しました。また洗面内の内装も白のモザイクタイルを使用し、明るく清潔な空間に仕上げました。
その他玄関部分にもモザイクタイルを配し、敢えて通常より広く玄関を取る事により、視覚的に部屋を広く、清潔で明るいイメージに仕上げました。

この様に本作品には、元来本物件が持つ部屋の狭さを感じさせない為、様々な視覚的工夫を施しました。そしてデザイン的にもシンプルで主張しすぎないけれども、存在感のある空間にしました。

【リノベーション概要】

●主要各部仕上および素材/床材:バーチ無垢フローリング・壁面および天井:スケルトンAEP塗装仕上・バスルーム外部アール壁面:ウォールナットCL塗装仕上・各部壁面収納家具および建具:ウォールナットCL塗装仕上・バスルーム:洗面台、バスともに造付のうえ床、壁面モザイクタイル貼り・玄関:モザイクタイル貼り・キッチン:業務用流し台、調理台およびガス台、レンジフードSUS/HL貼り●リノベーション期間/約1ヶ月間(解体工事期間含む)

【物件概要】

●所在地/京都市中京区壬生賀陽御所町 賀陽コーポラス901号室●交通/阪急京都線「大宮駅」徒歩1分●構造/鉄骨鉄筋コンクリート造●専有面積/35.64㎡・バルコニー面積/2.01㎡●築年月/昭和47年1月●リノベーション竣工/平成16年6月初旬●設備/関西電力・大阪ガス・京都市公共上下水道・エアコン1基・照明器具一式・マルバー社製洗濯乾燥機・エレベーター●その他/24時間在駐管理人●販売価格/1,380万円(税込)●賃貸募集条件/賃料:90,000円・管理費等:11,100円・月額合計:101,100円・保証金:300,000円(解約時50%引)・2年更新・更新料:賃料2ヶ月分

CONTENTS

電話 0120-45-7885 株式会社リボーンキューブ問い合わせ

© 株式会社リボーンキューブ 京都市中京区麩屋町通御池上る