リボーンキューブのリノベーションとは

欠点を個性に、古さを味わいに変える、
リボーン・キューブのリノベーション。

欧米ではあたりまえのリノベーション。
デザイン次第で古い住まいが素敵に変身します。

流行の設備や内装を追いかけて「新築そっくり」につくりかえるリフォームに対し、リノベーションとは、欠点や古さもひとつの個性として積極的に取りいれて空間をデザインし、年月と共により味わいが深まる様な空間につくりかえてしまう方法です。欧米では約6割の人がリノベーションによる住まいに居住しており、古い空間をいかに自分たちの暮らしや嗜好に合わせて再生するかという考え方が大切にされています。リボーン・キューブではヴィンテージ感を生かしたデザインやスタイリッシュではあるけれど、どこか懐かしさが漂う空間など、新築やありきたりのリフォームでは味わえない、世界でたったひとつの住まいづくりのお手伝いができればと考えています。

リボーンキューブのリノベーション

空間デザインにより住まいの機能と価値を高める
リボーン・キューブのリノベーション。

中古物件は、その「間取り・内装・設備(インフィル)=住機能」と「躯体(スケルトン)の状態=躯体の性能」「土地」の3項目によって市場価値が評価されます。
これら3項目のうち、既存の建物を再利用する際に、住まいとしての価値を意図的に高められる項目は「間取り・内装・設備(インフィル)=住機能」と「躯体(スケルトン)の状態=躯体の性能」です。
とりわけ、「間取り・内装・設備(インフィル)=住機能」についてはその内容によって、より大きな価値を付加することも可能です。

リボーン・キューブは、スケルトンとインフィルを区別して住空間を発想することによって、大胆な空間構成や間取り変更を行い、価値の高い住空間に再生します。
こういった手法を採用するには、鉄筋コンクリート(RC)造や鉄骨(S)造などの堅牢な建物・マンションなどが適していますが、木造の場合でも構造躯体の強度を確認しながら、今日的な生活に即した住空間に生まれ変わらせるために、大胆な変更を加えることも可能です。

リボーンキューブのリノベーション

CONTENTS

電話 0120-45-7885 株式会社リボーンキューブ問い合わせ

© 株式会社リボーンキューブ 京都市中京区麩屋町通御池上る