リノベーション お客様の声

リノベーション写真

「 リノベーションがきっかけで、
夫がCADソフトを使ってデザイナーさんと図面をやり取りしたり、
自分でパースを描きだしたり、
勢い余って「電気工事士」の資格をとってしまったり、
料理に目覚めたり、
ともかくノリノリで楽しそうでした。」

質問1
リボーンキューブをどのように知りましたか?
お答え
10年ほど前に賃貸物件を探している時に、「デザイナーズ」とか「リフォーム」とかをキーワードにインターネット検索していて知りました。その折、「godaan」の内覧会にも行かせていただきました。

↑ ビストロのカウンター席のような雰囲気のダイニングキッチン。

質問2
依頼先選びの際に、他にも検討した会社があれば教えてください
お答え
特にありません。リボーンキューブさんを知って以来、リボーンキューブさんのホームページをブラウザのブックマークに入れ、メンバー登録していましたし、リノベーションならリボーンキューブさんにお願いしたいと考えていました。
質問3
最終的にリボーンキューブに決めた一番の理由は何ですか?
お答え
ホームページで作品を見たり、内覧会で実際にリノベーションされた物件を見せて頂いて、自分たちが好きなテイストであると感じたためです。

↑ キッチンを中央に、左右に雰囲気が異なる2つのリビングが振り分けられている。

質問4
実際にリノベーションされて、リボーンキューブの良かった点を3つ教えてください。
お答え
デザインテイスト。物件ごとにデザインが違っていても、共通したいい感じの「らしさ」があるところ。
プラン提案力。住む人のライフスタイルに合ったプランを提供してくれるところ。
人。メールや対面での打合せの際、親身にかつ気さくに相談に乗ってくれるところ。
質問5
担当者や職人の対応はいかがでしたか?具体的なエピソードがあれば教えてください。
お答え
対面で打合せしている間に、こちらの新たな要望に対して次々と面白いアイデアを出してくれて、私たちが「それ、採用しましょう」って言うと、アイデアを出した担当者自身も喜んでくれたのを覚えていますが、打合せはチームで作品を作り上げていく感じがして楽しかったです。
リノベーションの工事中は職人さんが作業をされているのを見ることはありませんでしたが、補修の際に初めて見ることができ、さすがだなと感じました。今後のメンテナンスの方法なども丁寧に教えてくれて、感謝しています。

↑ フロントリビング。エントランス側のリビングでは
80インチのスクリーンや2つのターンテーブルなど、
映画や音楽、スポーツ観戦を楽しめる。

質問6
リノベーションで一番こだわった部分はどこですか。ここだけは譲れないというポイントはありましたか?
お答え
リノベーションするなら、スケルトンで無骨な感じに、と思っていたのですが、部屋が最上階かつ角部屋だったため、これは断念せざるを得ませんでした。それでも、壁や天井の梁の一部はスケルトンやモルタル塗装で仕上げてもらうことができ、満足しています。その他、照明用の配線ダクト、プロジェクターやスピーカーの天吊り、キッチン周りのゴミ収納スペースと電源コンセントの配置、カウンターテーブルの高さ、造作棚の配置、ウォークインクローゼットのポールの配置など、こだわった部分は数知れませんが、それが全て実現できました。
質問7
プランの提案や施工技術でさすがプロだな!と感じた部分があったら教えてください。
お答え
初回プランをご提案いただいた時、私たちの好み・要望については断片的にしかお伝えできていなかったのに、それを見事に形にしていただけたと感じました。物件を見て、私たちもなんとなくプランを思い描いていたのですが、いい意味でそれは完全に打ち砕かれました。ご提案いただいたプランは自分たちのプランの痒いところにも手が届いており、さすがプロだな!と感じました。また、実際の仕上がりは打合せ時に見せて頂いたパースの通りで驚きでしたし、それを実現してくださった職人さんもさすがプロだな!と感じました。
質問8
リノベーションの過程で困ったこと、悩んだこと、大変だったことはありましたか?
お答え
水回りの多くを施主支給しましたが、スペック・掃除のしやすさ・価格と自分たちが望むデザインの間での落としどころにかなり悩み、毎週末ショールームに行き、パンフレットを集めて製品を比較検討しました。とくに悩ましかったのはレンジフードでした。また、照明は部屋ごとに消費電力と使用頻度を考えて白熱電球かLEDかを決めたり、空調は室外機ができるだけコンパクトなエアコンを探したり、大変でした。その結果、すべて納得のいく製品を選ぶことができて満足しています。選ぶ自由があるのがリノベーションの大きな醍醐味だと実感し、それを楽しむことができました。

↑ バルコニーリビング。
奥のリビングは、京都の町中なのに視界が開けた
バルコニーに面した、落ち着く空間。

質問9
リノベーションを振り返って思い出深いエピソードはありますか?
お答え
中古物件の紹介からリボーンキューブさんにお世話になりましたが、買付証明書がいったん白紙になるというエピソードが一番思い出深いです。半年ほど待って、結局この物件を購入できた時は、この物件やリボーンキューブさんとのご縁を強く感じました。また、リノベーションがきっかけで、夫がCADソフトを使ってデザイナーさんと図面をやり取りしたり、自分でパースを描きだしたり、勢い余って「電気工事士」の資格をとってしまったり、料理に目覚めたり、ともかく夫がノリノリで楽しそうでした。

↑ 風通しも良い、とても開放的な快適空間です。

>> 「sabai」設計施工例のページへ

CONTENTS

電話 0120-45-7885 株式会社リボーンキューブ問い合わせ

© 株式会社リボーンキューブ 京都市中京区麩屋町通御池上る