リノベーション、デザイナーズマンション
リノベーション、デザイナーズマンション リボーンキューブのリノベーション リノベーション賃貸・販売物件 リノベーション ビフォー・アフター リノベーション作品集

リノベーション作品例

斬新なRC造コートハウスの一戸建リノベ

ビフォー アフター

 リノベーションコンセプト

 こちらの案件は、物件購入のご決断をされる直前くらいの段階よりご相談頂きました。その段階で既に二度ほど内覧を済まされており、大変気に入っておられたものの、どのくらいの予算で、どの様なリノベーションが出来るのか?と言った点等に不安を抱えておられました。そのため最終決断を下す前に弊社へご相談頂いたのですが、場合によってはご希望予算内で他にもリノベーション向きの物件がないか?を当たってみることも含めてのお話しでした。と言うことで、まずは当該物件を一緒にご内覧させて頂いて、およその予算とその内容をお伝えしつつ、一方ではご希望エリアの左京区内を中心にひと通り物件情報を当たらせて頂きました。しかし、人気の下鴨〜松ヶ崎区画整理地区内の立地に加え、大変特徴的なデザインの希有なRC構造の当該物件に優る物件は他には見当たらず、そうした点も含めて最終的にご決断されたのでした。

 建物的には、前述の通りRC構造の大変特徴的なデザインで、バブル末期の昭和63年に著名な建築家によって手掛けられたものでした。(K.ASSOCIATES ARCHITECTS代表の岸和郎さんと言う建築家さんです。)最も特徴的な点はガレージの奥にある表の入口を一歩くぐれば、10m近くもある高いコンクリート壁に囲まれた、いわゆる“コートハウス”になっており、それこそ素っ裸で敷地内を歩いても外部からは全く覗けない構造になっている点でした。(そのため、どの居室も全面ガラス張りでカーテン等も一切ない状況でした。)そうした、訪れた者を“アッ”と言わせる建物ではありましたが、内装的にはどうしても“老朽感”は否めず、リビングのデザインをはじめとしてバスルームなどの水回りに至るまで大幅な刷新が必要な状況でした。ただ、元々の建物の造形があまりに素晴らしかったため、リノベーションによってさらに素敵に生まれ変わることは容易にイメージ出来ました。

 リノベーションに際しては、ゾーニング自体は構造上ほぼ変更出来ない状況だったことからも内装の刷新を中心とし、建物本来のコンセプトは崩さずに保持しつつ、好みのマテリアルとテイストを落とし込みながら“リ・デザイン”する形で打ち合わせを進めて行きました。特にラバトリーからバスルームのデザインには大変こだわられ、コートハウスのメリットを最大限に生かした“全面ガラス張り”のデザインを強く望まれました。2階にあるリビングも、より開放感を得られる様アイランドキッチンへと変更するなど、先の通り当該建物本来のコンセプトを踏襲しつつ新たな息吹を吹き込んで再生して行きました。

 お見積もりの場面では、やはりこちらも他の多くの案件同様「取りあえず一度見積もりに入れて金額を見てみよう・・・」と言うことで、当初のご希望にプラスアルファしてアレコレと盛り込みつつ進めて行ったため、第一回目の金額は正直かなりオーバーするカタチで上がって参りました。しかし、そうしたプラスアルファな点を今一度見直し、削ぎ落として行くことで何とかかんとかゴールラインに辿り着いたのでした・・・。(とは言え、最終的にはそこそこのご予算アップを許容頂くことになりましたが・・・。)そうして、外形やゾーニングはほぼ元のままながら、内部においては素材感およびデザイン性ともにお客さまの理想のイメージ叶えたリノベーション空間が誕生したのでした・・・!

 作品名の「Re:洛北の家」は、当該建物に敬意を表すため、ズバリ元の作品名である“洛北の家”をそのまま使用させて頂きました。ただ、今回その建物をリノベーション(Renovation)によってリボーン(Reborn)させて頂きましたので、アタマのところに“Re”を加えさせて頂くことにしました・・・。と言うことで、どちらかと言えば“住まう人が家に合わせる”タイプの希有な住まいではありますが、そこにオモシロさを感じて頂きつつ、これからも楽しみながら住みこなして行って頂けることを願っております!

リノベーション現場レポートへ(ブログ「リノベしよう!」 『斬新なRC造コートハウスの一戸建リノベ』 )

 物件概要/昭和63年2月新築・京都市左京区松ヶ崎呼返町・一戸建・個人住宅リノベーション・延べ面積約76.60m²・構造:鉄筋コンクリート造2階建

 主要各部仕上および素材/壁面仕上:コンクリート打ちっ放しのまま(一部PB貼りの上AEP塗装仕上)・天井仕上:PB貼りの上AEP塗装仕上・床仕上:LDK(600角大理石貼り仕上)、エントランス(600角タイル貼り仕上)、居室(カーペット貼り仕上)・浴室:オリジナル在来工法バスルーム(ADVANシャワーセット、T-フォルム水栓、サンワカンパニー コーデ バスタブ使用)・ラバトリー(WCワンルーム):洗面台(サンワカンパニー デリエレ カリッサ)、WC(TOTOネオレスト)設置の上、床600角タイル貼り仕上げ・建具:神谷コーポレーション フルハイトドア使用・各種家具:テレビボード、クローゼット内部セット一式(IKEA)・キッチン:サンワカンパニーグラッド45アイランドタイプ使用(ガス台はホシザキ特注品使用)・その他:既存グレーチング下部ガラス板設置工事、ガレージ内部およびファサード一部やり替え工事(サンワカンパニー オスポール設置)、他

 リノベーション期間/約2ヶ月(解体工事期間含む)





↑top

「Re:100(リ・ハンドレッド)」 耐震補強でプラス100年もたせる家
Re:BORN cubeリノベーション  賃貸・販売物件  ビフォー・アフター  作品
中古住宅×リノベーション  見学会  よくある質問  メンバー登録
ブログ  TV放映,新聞雑誌  サイトマップ  会社概要  ホーム

Re:BORN cube (R)  (C)株式会社リボーンキューブ お問い合わせ:0120-45-7885 href="mailto:info@reborn.cc">info@reborn.cc